新着情報

2015.05.01

信州筑北キャンパス野球部・蹴球部監督就任会見 【高校】



4月30日、「信州筑北キャンパス 野球部・蹴球部監督就任記者会見」が筑北村役場に隣接する坂北総合福祉センター(長野県東筑摩郡)で行なわれました。

野球部監督に就任した中原英孝氏は母校の松商学園高校で2期通算22年間、長野日大高校で10年間監督を務め、春3度(うち松商学園高校で2度)、夏8度(同7度)の甲子園出場を果たしました。
夏の甲子園準優勝の他、県内の高校指導者では歴代最多の甲子園通算14勝。昨夏に退任後、去就が注目されていました。
野球部は1期生を募集し、来春の県高校野球連盟への加盟を目指します。
会見で中原氏は、「地元の力になれてうれしい。まずは高野連に登録し、甲子園出場を目指す」と意気込みを語りました。

蹴球部監督の伊藤雅範氏は「多くの子どもたちに夢と希望を持ってプレーしてもらいたい。村の活性化にもつなげ、まずはフットサルの全国大会を目指したい」と決意を語りました。
蹴球部はサッカーとフットサルの二本立て。既に松本キャンパス(長野県松本市)で活動しているサッカー部を母体に、野球部よりも一足早く活動していきます。

関連記事が、各紙に掲載されました。

資料請求・体験入学
オリンピック・世界大会実績

アテネ・北京・ロンドン・リオ、4大会連続でオリンピックに出場している専門学校グループは本学園だけです。