トップページ > 新着情報

北京オリンピック 報告!(400Mハードル準決勝)

2008.08.19
 本校の姉妹校である日本ウェルネススポーツ専門学校の杉町さんが出場した400Mハードル準決勝の報告です。

 準決勝は21:15スタート。この日は男子100M決勝が行われることもあり、前日に続いて大観衆です。

 いよいよ準決勝。スタートは得意のアウトレーン(8レーン)に決まりました。杉町さんは前日に予選を走ったこともあり、多少疲労があるものの、プレッシャーは少なかったようです。
 
 スタートリストが発表され、2007年世界選手権金メダルのケロン・クレメント(米国)、アテネ五輪銀メダルのダニー・マクファーレン(ジャマイカ)と同じ組になりました。
 昨年のスーパー陸上(横浜)では終盤の追い上げでクレメントに勝っています。

 杉町さんは決勝進出の準決勝上位4着を狙うために、前半からハイペースで行く思い切った作戦を決断。

 前半から積極的な走りを見せます。世界の強豪が集まった組で、終盤に粘ったものの7着!

 杉町さんは400Mハードルを始めて4年目。これからますます世界の舞台で活躍していってくれるでしょう。

 普段いっしょに練習しているウェルネス陸上部の部員達も大いに刺激を受けました。
 杉町さんはさっそく今週末に行われる関東選手権(茨城県)にリレーで凱旋出場。その後、全日本実業団選手権、国体に出場予定です。

 ウェルネス陸上部を応援よろしくお願いします。



1枚目 スタート前にウェルネス陸上部・菱沼監督と
2枚目 50M地点
3枚目 120M地点、左から2人目
4枚目 200M地点、真ん中、前方はクレメント


copyright 2006 taiken