学校法人タイケン学園 柴岡三千夫 理事長メッセージ

グローバルな感性、現代社会で勝ち抜くバランス力、政策力を持つ人材の養成を

学校法人タイケン学園グループは、昭和51年、前身である体育健康クラブを東京都板橋区成増に設立しました。

これを皮切りに幼児体育指導者の派遣、幼少年スポーツクラブを全国で展開しました。

なお、「タイケン」の語源は体育の「タイ」、健康の「ケン」です。

昭和57年には社団法人幼少年体育振興協会を設立し、国内で幼児教育、体育指導法等の分野を確立。

平成10年には学校法人タイケン学園を設立し、以後、全国で専門学校、高等学校、保育園等を開校していきます。

平成21年には社団法人幼少年体育振興協会を発展・解消させ、財団法人日本幼少年体育協会を設立。今日までに28,000名以上の幼児体育指導者を養成する機関に発展しました。また、公共事業部門を設け、自治体からの教育に関する委託事業を受けています。

平成23年に設立した社会福祉法人では保育事業、高齢者福祉事業を展開しています。

平成24年には、4年制大学を開学しました。

学校法人タイケン学園グループでは、学校法人化に際して、3つの建学の精神を掲げました。


建学の精神

  1. 物事を科学する人材の養成
  2. 質実剛健な人材の養成
  3. グローバルな人材の養成

我が国の活力・行動力を再び高めるため、戦後の教育体制の課題を確認し、私学の立場から教育の具現化を図る必要があります。グローバルな感性、現代社会で勝ち抜くバランス力、政策力を持つ人材の養成等々、実践しなければならない事案は多岐にわたります。

そして、タイケン学園では、これら教育事業の実行に必要なスタッフ教育に力を入れています。スタッフ自らが学ぶ姿勢を大切にし、襟を正し、教育に携わるよう指導しています。

タイケン学園は学校法人グループとして多角化を進めていますが、創業時の精神「たくましさ創り」を忘れることなく、近未来構想に向けて、理事長を先頭としてスタッフが一致団結して教育事業に取り組んでまいります。

学校法人タイケン学園グループ理事長
柴岡三千夫