オリンピック・世界大会の出場実績

実績一覧

平成10年

アジア大会にカヌー日本代表監督・畑満秀(日本ウェルネススポーツ専門学校副校長)、公式トレーナー・越智義之(同校1年生)を派遣。

平成11年

アジア大会にカヌー日本代表監督・畑満秀(日本ウェルネススポーツ専門学校副校長)、公式トレーナー・越智義之(同校2年生)を派遣。

平成12年

シドニー五輪にカヌー日本代表監督・畑満秀(日本ウェルネススポーツ専門学校副校長)、公式トレーナー・越智義之(同校教員)を派遣。

シドニー五輪にソフトボール競技日本代表スタッフ・舟山健一(日本ウェルネススポーツ専門学校教員)を派遣。

ボブスレー競技ワールドカップに日本代表公式トレーナー・青木昇平(日本ウェルネススポーツ専門学校2年生)を派遣。

平成13年 相撲世界選手権に日本代表監督・斉藤一雄(日本ウェルネススポーツ専門学校教員)を派遣。
平成14年

カヌー競技ワールドカップ第5戦で大園政伸(日本ウェルネススポーツ専門学校教員)が5種目で優勝。

アジア大会カヌー競技で大園正伸(日本ウェルネススポーツ専門学校教員)が銀メダル。

平成16年

アテネ五輪カヌー競技で白田美由希(日本ウェルネススポーツ専門学校2年生)が史上初めて現役専門学校生として五輪に出場し、準決勝進出。

アテネ五輪カヌー競技に日本代表監督・畑満秀(日本ウェルネススポーツ専門学校新潟校校長)を派遣。

女子硬式野球世界選手権で太田さやか(日本ウェルネススポーツ専門学校1年)が最優秀投手賞に選出され、チームの世界一に貢献。

平成18年

日本ウェルネススポーツ専門学校格闘技部が全日本サンボ選手権において3階級で優勝。世界選手権(ロシア)に3名が出場。

カヌーフラットウォーター世界選手権で、松下桃太郎(日本ウェルネススポーツ専門学校新潟校)が、200mB決勝5位、500m準決勝8位、1000m準決勝6位。

松下桃太郎(日本ウェルネススポーツ専門学校新潟校)がアジア大会(ドーハ)カヌー競技カヤック男子ペア500mで4位入賞。

平成19年 嶋田元紀(日本ウェルネススポーツ専門学校)がサンボ世界選手権(セルビア)ジュニア70kg級に出場。
平成20年

陸上競技ブラジル選手権400Mハードルで杉町マハウ(日本ウェルネススポーツ専門学校)がオリンピック参加標準記録Aを突破して優勝。

北京オリンピック陸上競技400Mハードルで杉町マハウ(日本ウェルネススポーツ専門学校)が準決勝7位。

平成21年

杉町マハウ(日本ウェルネススポーツ専門学校)が世界陸上競技選手権(ベルリン)400mハードルに出場。

嶋田元紀(日本ウェルネススポーツ専門学校)がサンボ世界選手権に出場。

平成22年 杉町マハウ(日本ウェルネススポーツ専門学校)が国際グランプリ大阪大会400mハードルで優勝。
平成23年 世界陸上競技選手権400Mハードルで杉町マハウ(日本ウェルネススポーツ専門学校)が準決勝7位。
平成24年

ロンドンオリンピックカヌー競技で、松下桃太郎(日本ウェルネススポーツ大学)が200Mペア10位、シングル11位。

陸上競技ブラジル選手権400Mハードルで、杉町マハウ(日本ウェルネススポーツ専門学校)が優勝。

平成25年 世界陸上競技選手権400Mハードルで杉町マハウ(日本ウェルネススポーツ専門学校)が準決勝6位。

平成28年 リオ五輪400Mハードルに杉町マハウ(日本ウェルネススポーツ専門学校)が出場。
予選2組3位で通過し、準決勝進出。

北京五輪 杉町選手 アテネ五輪 白田選手 女子野球世界選手権 太田選手
ブラジル選手権 杉町選手(中央) ロンドン五輪 松下選手  
資料請求・体験入学
大学新設のお知らせ
オリンピック・世界大会実績

アテネ・北京・ロンドン・リオ五輪の4大会連続出場しているのは、全国の専門学校で本校だけです

杉町マハウ公式サイト
スポーツマネジメントゼミ