トップページ > 学科コース案内 > 競技スポーツ科




競技スポーツ科では多くの学生が競技スポーツを専攻します。日本ウェルネススポーツ専門学校をはじめとするグループ校では専門学校全国大会の優勝はもちろん、社会人・実業団大会に参戦しています。オリンピック出場、アジア大会、日本選手権でもメダル獲得、入賞を果たしています。
午前中に「テーピング論」「ウェイトトレーニング演習」「スポーツ指導論」などスポーツ全般の基礎知識や、資格取得の為の「情報処理演習」を学び、午後からは各運動部でトレーニングに打ち込みます。理論と実践を両立させた独自のカリキュラムを実施し、あらゆる角度から競技スポーツを学びます。
就職先は主にスポーツ施設、教育機関、公務員、流通・サービス業が中心となります。

■専攻
硬式野球部 【詳細
サッカー 【詳細


■週間予定表例(競技スポーツ科)
  9:00〜10:30 10:40〜12:10 13:00〜14:30 14:40〜16:10
スポーツ指導論 パソコン検定講座 スポーツビジネス スポーツ心理学
応急処置法 ウェイトトレーニング演習 競技スポーツ演習(クラブ活動)
  スポーツ栄養学 競技スポーツ演習(クラブ活動)
  レジャースポーツ概論 競技スポーツ演習(クラブ活動)
資格対策講座 トレーニング理論と実際 競技スポーツ演習(クラブ活動)

■取得可能資格
 ・スポーツリーダー((財)日本体育協会)
 ・幼児体育指導者2級((財)日本幼少年体育協会)
 ・障害者スポーツ指導者((財)日本障害者スポーツ協会)
 ・キャンプインストラクター((財)日本キャンプ協会)
 ・救急法救急員(日本赤十字社)
 ・コンピュータサービス技能評価検定(中央職業能力開発協会・職業能力開発協会)

























copyright 2006 taiken