日本語教員養成講座の開講にあたり

2017年来日外国人の数は約2800万人に登り、日本語学習者数は世界で365万人(2015年国際交流基金調べ)となっています。
このような情勢の中で、日本国内にとどまらず、海外でも日本語教育の需要が高まり、日本語教員の育成が最重要課題とされています。又、教員の教育能力の水準を高めなければなりません。
本養成講座は、大学の副専攻科目として、高い水準の日本語教育能力をもった教員の育成を目指し開講しました。
タイケン学園グループの建学精神『質実剛健な人材の養成』『物事を科学する人材の養成』『グローバルな人材の養成』に則り、日本語教育の現場で活躍ができるよう、実践的に日本語教員の育成をします。
修了時には一定のスキルを身につけ、国内の日本語教育現場や海外での日本語教育現場で日本文化の紹介に合わせて日本語のレベルアップを図る目的で活躍できます。

カリキュラム(時間数)

日本語教育のベテラン大学講師による充実した授業
(日本語教育機関の法務省告示基準第1 条第1 項第13 号に定める日本語教員の要件に基づく)

資料請求・体験入学
大学新設のお知らせ
日本語教員養成課程
オリンピック・世界大会実績

アテネ・北京・ロンドン・リオ、4大会連続でオリンピックに出場している専門学校グループは本学園だけです。

杉町マハウ公式サイト
スポーツマネジメントゼミ
留学生の方へ